新米亀の尾寒仕込みプレーンミキ

¥1,080

昨年、栽培を開始した亀の尾。
明治時代に、山形庄内で冷害でも被害を受けなかった3本の稲穂を偶然発見した
阿部亀治さんがその籾を原種として4年かけて世に出したのが始まりで、
現在の主要品種である、コシヒカリ、ササニシキ、ヒノヒカリ、ひとめぼれ、あきたこまち
の親にあたります。
寒さには強いが、背が高いため風には弱い、また化学肥料を入れるとお米がもろくなる等の理由で、戦後ほとんど栽培されなくなってなってしまいました。
それを復活させたのが新潟県長岡市にある久須美(くすみ)酒造さん。
この復活の物語が、漫画”夏子の酒”のモデルとなり、亀の尾は、酒米として世に知られるようになります。


しかしながら、飯米(食べるお米)として栽培しているところは少なく、ましてや
無肥料無農薬で栽培しているところは、全国で数えるぐらいしかありません。
噛めば噛むほど味わいが出てくる深みのある味。
この亀の尾にほれ込んで栽培している、山形の自然栽培米農家、中川吉右衛門さんとご縁を頂いてから、
「お酒にして美味しいということは、ミキにしてもおいしいってこと!」
と、私も亀の尾にほれ込んで、ずっと吉右衛門さんの亀の尾で種ミキを作り続け、
是非! 八ヶ岳でも亀の尾を栽培したい、そしてミキを作りたいと願い、
昨年はじめて、吉右衛門さんから貴重な種籾を分けて頂き、栽培が叶いました。
もちろん肥料も農薬も使っていません。

今年初仕込みしたミキは、この田んぼからやってきた亀の尾で作りました。
しかも、お水は寒の湧き水。
1月6日小寒から大寒(1月20日~2月3日)、寒の内に汲んだお水を寒のお水と言い、
厳しい寒さで雑菌も繁殖しにくいためか長期間腐らないとされ、
「寒仕込み」の酒、醤油、味噌は、寒の水で雑菌も繁殖しにくいうえ、発酵もゆっくり進むので、味に深みが出ると珍重されてきました。

この寒のお水で仕込んだ亀の尾のミキ。
期待通り、味わい深く、本当においしく、心身がキレイになるような清らかさを感じます。

この寒仕込みの亀の尾をミキを、数量限定で特別に!いつものプレーンミキと
同じ価格で販売させて頂きます。

この機会にぜひご賞味くださいませ。

 製品概要

内容量:500g

原料:米(八ヶ岳産亀の尾)、さつまいも(八ヶ岳産)

お届け方法:冷凍便

年末年始のお知らせ

年末年始のお知らせ

年末年始休業のお知らせ 八ヶ岳ミキLABOは、年末年始以下期間でお休みを頂戴いたします。【年末年始の休業期間】2022/12/28(水)から2023/01/04(水)商品の発送・お電話でのお問い合わせの受付は2023年1月5日(水)からとなります。※12月27日12時までにいただいたご注...

もっと読む
【季節のミキ】八ヶ岳 藤本さんのポポーミキ

【季節のミキ】八ヶ岳 藤本さんのポポーミキ

幻のフルーツ「ポポー」と、伝統飲料「ミキ」の奇跡の出会い。 ポポーとは、北米原産の落葉高木の果樹。和名はアケビガキ、海外ではカスタードアップルとも言われます。明治時代に日本に持ち込まれましたが、熟してから傷むのが早く市場での流通が難しいため、”幻のフルーツ”と呼ばれています。 (ポポーの果実...

もっと読む
【季節のミキ】八ヶ岳 笹倉さんのぶどうミキ

【季節のミキ】八ヶ岳 笹倉さんのぶどうミキ

果物王国・山梨より、秋の味覚をお届けします♪ 果物王国、山梨県と聞いて、多くの方が思い浮かべるのがブドウではないでしょうか?その通り、山梨のブドウの生産量は、全国一位!なんと!全国の生産量の約4分の1を占めるそう。ということで、八ヶ岳ミキLABOでもブドウミキを作れたらいいなと思っていたとこ...

もっと読む