大矢製作所 純銅製 箱型おろし金・大 大根用・正規品

¥10,450

料理人が選ぶおろし金


銅のおろし金の歴史は古く、『和漢三才図会』という1712年に編纂された江戸時代の百科事典にもすでに現在と同じ形状のものが描かれています。

錫(すず)メッキを施した硬質な純銅の板に、鏨(たがね)と呼ばれる道具と金槌を使って、職人が手作業でひと目ひと目、丁寧に刃を立てていきます。

この古くから受け継がれてきた製法にこそ、今日も変わらず銅のおろし金が選ばれ続ける理由があります。


風味が引き立つ


職人が立てた刃は、大根の細胞が潰れず、水と繊維が分離しないので時間を置いても水分をたっぷり含んだふわっとした大根おろしができます。また、繊維を細かく切るため、口当たりがまろやかで、風味を損なわず、わさびやショウガなどの薬味をおろすのにも最適です。

 

軽くおろせる


職人が立てた刃は一見するときれいに揃っているように見えますが、実は間隔や高さが微妙に不揃いになっています。そのため、おろす度に様々な面があたり、素材の向きを何度も変えることなく、軽い力でスムーズにおろすことができるのです。


目立て直しができる


耐久性に優れたおろし金ですが、長年使用していると刃先が磨耗し、切れ味も悪くなってきます。その場合は、古い刃を削り落とし、新しく刃を立て直すことが可能です(有料)。また、耐久性だけでなく、銅には抗菌効果があり調理器具の素材として最適ということで、プロを中心に今尚愛用され続けています。 

 

使用上のご注意


刃が非常に鋭利に出来ていますので、指などを怪我しないように取り扱いにご注意下さい。
重量があり、硬い材質ですので、持ち運びにはご注意下さい。
使い始めは食器用洗剤で一度洗って下さい。
野菜や果物用のおろし金です。冷凍品や骨やチーズなど、硬い物には使わないで下さい。
食材の特性により、使用後に表面酸化による変色が見られますが衛生上の問題はありません。
火のそばに置かないで下さい。

 

商品の仕様について


銅板、受け箱、水切り網には細かいこすれ傷が付いています。ご了承の上、お買い上げください。


製品概要

箱型・大
サイズ:全長29.5×幅13.0×高さ4.8cm(取手を含む)
重さ:700g(受け皿を含む)
材質:【上板】純銅 スズメッキ/【受け皿・中網】18-8ステンレス

 

ウエサク満月、平和のミキ作りに関する追加のお知らせ

ウエサク満月、平和のミキ作りに関する追加のお知らせ

2022年5月16日 13:14 ちょうど満月になると言われる時刻。 その時刻に合わせ、「ウエサク満月、平和のミキ作り」ワークショップが開催され、オンラインで繋がった参加者の皆様とともに平和の祈りを捧げました。 ****************** ****************** ...

もっと読む
八ヶ岳ミキLABO1dayリトリート第二弾!(2022年5月28日 土曜日)

八ヶ岳ミキLABO1dayリトリート第二弾!(2022年5月28日 土曜日)

大変ご好評を頂きました【八ヶ岳ミキLABO1dayリトリート第二弾!】の開催日が5月28日(土)に確定いたしました! 参加人数は限定8名ですのでご希望の方はお早めに! 5月4日に行われました1dayリトリートの様子をちょこっとシェアさせて頂きます♪ 当日は好天に恵まれ、きれいな木漏れ日が降り...

もっと読む
5月23日田植えイベント

5月23日田植えイベント

*********************************** “山の高いところ(水源)から 祈りを込めミキを流すとその祈りは、川を伝わって、海まで届く。  小さな祈りのひとしずくは 静かに静かに広がって 人々の意識に変化を起こし 地球は、再生する。*****************...

もっと読む